歯の外側のケアだけでなく、体全体食事から歯の内面を大切にすること

小学校、いや中学高校と、いわゆる子供時代を通して、歯医者さんにお世話になることはほとんどなく育つことができました。両親に感謝しています。周りには虫歯に悩む同級生もいましたが、お陰さまで私は口内の健康には自信を持っていました。

ところが、どうでしょう。成人してから今まで、とうとう私も歯医者にお世話になることが増えてきました。自分は大丈夫だろう、という根拠のない自信が余計、悪い方に導いてしまったかもしれません。人並みに歯磨きやオーラルケアはしているつもりでしたが、30代を迎える前後から急に歯に問題を抱えるようになりました。そして、アラフォーを迎えて数年たつ現在までに、虫歯の治療、神経を抜く、抜歯、詰め物、などと一通りの経験をして来ました。

その度に、本当に歯の痛みはかなわないなあと感じます。夜に布団のなかで眠れずにいた夜もありました。どうしてよいかといっても痛み止を飲んでも痛みはおさまらず、だんだん痛みが顎、頭部全体に広がっていくにつれて、大袈裟な表現になりますが、本当に実感としては致命的な痛みとして感じられたものです。どうしようもなく、ただ口を開けて指でさすったりして、気持ちを幾分でも和らげようと努力したのを覚えています。残念ながら、ほぼ効果はなかったようですが。

最近になって、年のせいもあり、病気については健康について、またはそれらとの関連で医療や食品について興味を持つようになりました。そこで、ただ歯磨きばかりが歯の健康に大切なのではない、ということに、改めて気づかされたのです。通りで、かつて実家で生活してきたときにはまるで縁のなかった歯医者にお世話になるようになったのは、食生活を含め、まるで片寄った形で体全体を扱ってきたことの証だ、と今更ながらに気づいたのです。

ホームホワイトニングジェルを買ってきたので白い歯を目指して頑張っているのです。

ですがそれだけですべてが完璧に運ぶという事でもありません。

つまり、歯というのは、とても固い器官です。カルシウムが関係しているというのも自明のことでしょう。しかし、適切な栄養を摂取していないと、なんとかわいそうな私たちの体は、自らを溶かしてまでも体に栄養を補おうとするのです。つまり、歯を自ら溶かしていくのです。なるほど、これは思いあたらる節があります。独り暮らしも長くなり、料理も面倒、適当に外食や買ったもので済ませる、ということをもう何年続けていたでしょうか。これでは、必要な栄養素が得られる訳はありません。

決意と共に、そして、もう歯の痛みとはお別れしたい、という一心で、オーラルケアはもちろん、しかし、新しく食事の栄養に気を使うようになりました。
そして、1年間がたとうとしています。
お陰さまで、その間、歯科のお世話にはクリーニング以外にはほぼなっていません。全体のコンディションもまずまずいい、と歯科医に言われうれしかったです。
いつまでも自分の歯で食べたいものです。そのためにも、何を食べるか、にさらに気を配っていきたい所存でおります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です