歯医者に通う理由と歯医者嫌いを克服する為に

歯医者嫌いを克服する為に試したいこと

歯医者に通う理由は色々あると思います。
しかし大半の方は虫歯の治療だと思います。
私も虫歯を治療したくて10カ月歯医者に通いましたが5本ある虫歯のうち1本しか治さず歯医者に通うことをやめてしまいました。
その理由は「どこか痛いところはありますか?」と毎回聞かれるので「ありません」と答えると虫歯の治療ではなく歯を磨いておしまいだからです。
「もう少し様子を見ましょうね」「次はこの虫歯の治療をしましょうね」と言われるのですが次回行ってみると歯を磨くだけなのです。
1回の歯磨き代が770円かかり、虫歯の治療が進まないので歯医者に通うことをやめてしまいました。
私は前歯が差し歯なのですが、差し歯が欠けてしまった時はすぐに治してくれるのですが、虫歯はいつになっても治してくれません。
毎日の歯磨きは欠かさず行っているのですが歯医者に行って歯磨きだけで770円取られてしまうのに嫌気がさしました。
歯の磨き方が悪いのかと思い100円ショップで購入していた歯ブラシを止めて1000円位する歯ブラシに変更して現在毎日歯磨きをしています。
最近差し歯に違和感があり、また差し歯が欠けたり割れたりしたら歯医者に行きたいのですが同じ歯医者に行くか迷っています。
そこの歯医者はほかの歯医者に比べ夜遅くまでやっていて仕事帰りに寄れるので通っていましたが、また歯磨きでお金を取られてしまうのはどうも納得がいきません。
日曜日も診療をしているので仕事帰りに寄れなくても通うことが出来ました。
診療日、診療時間だけを見るとほかの歯医者に比べ良いと言うだけで歯医者を決めてしまっています。

しかし、時間はとても大切なのでどうしてもそこの歯医者に行ってしまうのです。
差し歯は保険対応の安い歯を入れているのですが、インプラント等を調べると金額的に厳しいと思い安い差し歯にしてしまっています。
自分の歯に比べ少々違和感があったり強く噛めないので胃を壊したりします。
差し歯が欠けたり、割れてしまう度に何度も歯医者に通わなければいけないのなら高い差し歯やインプラントにした方が良いのかもしれません。
小さい頃から歯は大事にしなさいと育ったのですが、色々あり前歯が差し歯になり、虫歯も治さず現在に至っています。
食の味の変化も感じられますし、今後年を取るにつれて真剣に歯の事を考えなければいけないと感じています。
金銭に余裕が出来たらと常々思っていますが虫歯が酷くなり全ての歯が駄目になってしまってからでは遅いのは重々承知していますが保険のきかない歯を入れられる余裕が今現在ないのです。
歯と真剣に向き合いながら今後の対応を模索していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です