全身の健康に影響する噛み合わせの大切さ

歯医者で健康状態が悪くなることはある!?

長年通っていたかかりつけの歯科医院で治療を受け、全体的に補綴をしたことから、健康状態が悪くなってしまったことがありました。

食べ物を食べる時にもうまく噛めないので、美味しいと感じられなくなり、次第に食欲がなくなっていきました。

さらには朝起きるときに起き上がれないほど体がだるくなり、ついには仕事中、急に気分が悪くなったりするまでにも悪化していったのです。それ以前にも、歯をかぶせたり、差し歯をした経験がありましたが、その時はしばらく経つと口の中も慣れてきて、不自由さを感じる事はありませんでした。

しかし、補綴をしてからのその症状は、半年以上も続き、仕事にもだんだん行けなくなってきたのです。

あまりの辛さに、職場の先輩が有名だという歯科医院を紹介してくれ、勇気を出して別 行ってみました。

その先生は、大学病院で研究をしながら開業されていて、噛み合わせや義歯を専門分野とされているとのことでした。

私の口の中を見ただけで健康状態を察知してくれ、「全体的に噛み合わせが1?2ミリほど高くなっているから、時間かかっても全部治療しなおしたほうが良いと思います」とのことでした。

これまでせっかく長年かけて、お金もかけて治療が終わったところなのに、これ以上かかるとなると正直どうしようかと思いました。

でも、「噛み合わせを治したら、きっと今よりもずっと体調が改善されるよ」との先生の言葉を信じてみようと思い、全部治療することに決めました。

全部の歯を一から治療するには、およそ1年半以上かかりました。

途中やめたくなることもありましたが、先生の腕が良かったのか、以前かかっていた歯科医院のときよりも治療中の痛みが少なく、治療の相談にも都度乗ってすださっていたので、頑張って通うことができました。

全部の歯の治療が終わり、ふと気づくと、食事をおいしいと感じるようになっていました。

一番驚いたのは、あんなに辛かった体の症状が改善しているではありませんか。

それまでの私は正直言って、虫歯や痛みには敏感でしたが、歯の噛み合わせを意識することはありませんでした。

しかし、治療してからみるみる自分の体が健康になっていることに気づき、噛み合わせの大切さを実感しました。

また、私は姿勢が悪いことから肩こりや首こりの慢性化で悩んでいたのですが、先生が言うには、どうやら姿勢の悪さの原因も、歯の左右の高さが違っていたことに関係していたようです。

噛み合わせを直した途端、姿勢がまっすぐ伸びるようになり、悩まされていた肩や首のコリが軽減されていることにも気づきました。

おかげで今では快適な生活を送っています。

しっかり噛めること、これが全身的な健康状態につながっているんだと知り、さらに自分の歯を大切にしていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です