はやく歯医者に行っていれば…。虫歯を放置した結果

虫歯は絶対に放置してはいけないこれだけの理由

ある日、友達と外で食事をしていた時のことです。鶏の唐揚げを口にしたら、突然、がりっと何かとても固いものを噛んだ感触がありました。突然のことに驚き、思わず飲み込んでしまい、口の中を確認すると、左下の一番の奥歯が真っ二つに欠けて半分になっていたのです。私は訳が分からず、何か唐揚げに固い異物が入っていたせいで、それを噛んで歯が欠けてしまったのではないかと思いました。そして、翌日にすぐ歯医者さんに診てもらいました。
診てもらった結果、歯医者さんが言ったのはこのようなことでした。「虫歯のせいで神経が死んで、歯が内側から腐って弱くなっていたんだ。更に、親知らずが横に生えていて、そこから大きなプレッシャーがかけられていた。だから、限界に達して、鶏の唐揚げなんて柔らかいものを食べただけで欠けちゃったんだ。神経が死んだとき、だいぶ痛かったはずだけど、歯医者に行かなかったの?」実は、それから遡ること1年半、突如左下奥歯に激痛が走り、食べるどころか水を飲むのも歯を磨くのも、寝ることさえもできない日が1か月ほど続いたのです。しかし、歯を見てみても黒くなったり出血したりもしておらず、歯医者に診てもらえば何度も通わなくてはいけないし、その時は大学の卒業論文の追い込み、更にはアルバイトと多忙な日々だったので、そのことを言い訳に歯医者に行くのを先延ばしにしていました。そのうちに痛みも消えていき、あれは何だったんだろうなあと思いながら過ごしていたのです。
話を治療の話に戻しましょう。歯医者に行く前はすぐに新しい歯を入れてもらって終わると思っていたのですが、レントゲンを撮った結果、その歯の状況は私が想像していたよりもかなり悪いということが分かりました。実はその歯の下の歯茎に膿がたまり、その膿がその下の骨を溶かしているというのです。歯を直す前に、その膿を取り出さなければいけないのですが、1度で済むものではないらしく、一週間に一度通う羽目になったのです。それを2か月半も続けました。時間も、そしてもちろんお金もかかります。そして、その治療の間に他の歯も虫歯になっていることが分かり、どんどん削られ、どんどん銀歯やインプラントが増え…。歯医者さんは自分で診察代を決められると聞いたことがありますが、その歯医者さんはがっつり削って、白い歯なり銀歯なりを埋めていく感じだったので、治療費もかなりお高くなりました。それも最初に相談されるのではなく、ここ虫歯だから今からここ削りますという感じだったので、拒否もしずらいものがありました。
結局、一年半前にすぐに歯医者に行っていればこんなことにはならなかったのになととても後悔しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です