大学生になる前では歯は健康そのものだったけれど・・・

大学生になって行った歯医者

初めて歯医者に治療として行ったのは大学四年の時でした。
それまでは、検診以外歯科に行ったことがなかったのです。
当然それまでは虫歯もなかったです。

大学四年の卒論を書いている時にどうしても歯が痛くなり、生まれて初めて治療として歯医者に行きました。
大学のだらしない生活のせいか、かなり重症で奥歯の神経を抜くことになっていました。
その当時は治療もかなり痛みを伴い、麻酔も注射で打ち、しばらくはよだれが垂れていても感じることができないほどのものでした。

その後、社会人になり再び歯科とは疎遠になりましたが、一本残っていた乳歯の横から永久歯が斜めに生えはじめていたのです。
舌でその不思議な感触を楽しんでいたのですが、別の箇所から痛みが起こり、十年ぶりに歯科の門を叩きました。
当時は大学の時の土地から離れていたので、会社近くの歯医者に通ったのです。
その歯科で、レントゲンを撮った医師が思わず唸っていたのを今でも覚えています。
痛みの発生していた虫歯を治療し、他の痛みの伴わない虫歯も治療を進めているうちに、医師から斜めに生えている歯を抜かないと、顎に変形が生じるとか言われて抜くように執拗に進められてきました。
はじめは拒否していたのですが、通院のたびに変形した顎の写真を見せられ、まっすぐ生えている乳歯ではなく、斜めから生えてきた永久歯の方を抜くことになりました。
その時は注射ではなく、もっと簡単なもので麻酔をして抜歯に望見ました。
施術中は確かに痛みはほとんど感じなかったのですが、顎あたりから聞こえる「ミシミシ」という音と医師の力の入った吐息が今でも印象に残ってます。
なんとか施術は終わり、永久歯は抜けました。(ですから今も私の歯は一本乳歯が残っています。)
後から聞いた話ですが、私が通っていた歯医者は、問題のある歯をすぐ抜きたがるので有名だったらしいです。(早く言って欲しかったですね…)

その後は細かい虫歯の治療で歯科に行ってます。

私は就寝中かなり歯ぎしりをするらしく、朝起きると顎がだるくなる時がたまにあるのですが、そんな状態でも私の歯は頑張っていてくれてます。
そのうちマウスピースを作りたいと思っているのですが、今通っている歯医者では作りたくないです。

高齢になっても自分の歯で食事をしたいと思って、いろいろな歯医者に通ったり、歯ブラシだけでなく歯間ブラシを使用したり、会社や仕事で外出した時には液体歯磨き(口をゆすぐタイプのもの)を使用して、なんとか自分の歯を大事にしたいと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です