はやく歯医者に行っていれば…。虫歯を放置した結果

虫歯は絶対に放置してはいけないこれだけの理由

ある日、友達と外で食事をしていた時のことです。鶏の唐揚げを口にしたら、突然、がりっと何かとても固いものを噛んだ感触がありました。突然のことに驚き、思わず飲み込んでしまい、口の中を確認すると、左下の一番の奥歯が真っ二つに欠けて半分になっていたのです。私は訳が分からず、何か唐揚げに固い異物が入っていたせいで、それを噛んで歯が欠けてしまったのではないかと思いました。そして、翌日にすぐ歯医者さんに診てもらいました。
診てもらった結果、歯医者さんが言ったのはこのようなことでした。「虫歯のせいで神経が死んで、歯が内側から腐って弱くなっていたんだ。更に、親知らずが横に生えていて、そこから大きなプレッシャーがかけられていた。だから、限界に達して、鶏の唐揚げなんて柔らかいものを食べただけで欠けちゃったんだ。神経が死んだとき、だいぶ痛かったはずだけど、歯医者に行かなかったの?」実は、それから遡ること1年半、突如左下奥歯に激痛が走り、食べるどころか水を飲むのも歯を磨くのも、寝ることさえもできない日が1か月ほど続いたのです。しかし、歯を見てみても黒くなったり出血したりもしておらず、歯医者に診てもらえば何度も通わなくてはいけないし、その時は大学の卒業論文の追い込み、更にはアルバイトと多忙な日々だったので、そのことを言い訳に歯医者に行くのを先延ばしにしていました。そのうちに痛みも消えていき、あれは何だったんだろうなあと思いながら過ごしていたのです。
話を治療の話に戻しましょう。歯医者に行く前はすぐに新しい歯を入れてもらって終わると思っていたのですが、レントゲンを撮った結果、その歯の状況は私が想像していたよりもかなり悪いということが分かりました。実はその歯の下の歯茎に膿がたまり、その膿がその下の骨を溶かしているというのです。歯を直す前に、その膿を取り出さなければいけないのですが、1度で済むものではないらしく、一週間に一度通う羽目になったのです。それを2か月半も続けました。時間も、そしてもちろんお金もかかります。そして、その治療の間に他の歯も虫歯になっていることが分かり、どんどん削られ、どんどん銀歯やインプラントが増え…。歯医者さんは自分で診察代を決められると聞いたことがありますが、その歯医者さんはがっつり削って、白い歯なり銀歯なりを埋めていく感じだったので、治療費もかなりお高くなりました。それも最初に相談されるのではなく、ここ虫歯だから今からここ削りますという感じだったので、拒否もしずらいものがありました。
結局、一年半前にすぐに歯医者に行っていればこんなことにはならなかったのになととても後悔しました。

大学生になる前では歯は健康そのものだったけれど・・・

大学生になって行った歯医者

初めて歯医者に治療として行ったのは大学四年の時でした。
それまでは、検診以外歯科に行ったことがなかったのです。
当然それまでは虫歯もなかったです。

大学四年の卒論を書いている時にどうしても歯が痛くなり、生まれて初めて治療として歯医者に行きました。
大学のだらしない生活のせいか、かなり重症で奥歯の神経を抜くことになっていました。
その当時は治療もかなり痛みを伴い、麻酔も注射で打ち、しばらくはよだれが垂れていても感じることができないほどのものでした。

その後、社会人になり再び歯科とは疎遠になりましたが、一本残っていた乳歯の横から永久歯が斜めに生えはじめていたのです。
舌でその不思議な感触を楽しんでいたのですが、別の箇所から痛みが起こり、十年ぶりに歯科の門を叩きました。
当時は大学の時の土地から離れていたので、会社近くの歯医者に通ったのです。
その歯科で、レントゲンを撮った医師が思わず唸っていたのを今でも覚えています。
痛みの発生していた虫歯を治療し、他の痛みの伴わない虫歯も治療を進めているうちに、医師から斜めに生えている歯を抜かないと、顎に変形が生じるとか言われて抜くように執拗に進められてきました。
はじめは拒否していたのですが、通院のたびに変形した顎の写真を見せられ、まっすぐ生えている乳歯ではなく、斜めから生えてきた永久歯の方を抜くことになりました。
その時は注射ではなく、もっと簡単なもので麻酔をして抜歯に望見ました。
施術中は確かに痛みはほとんど感じなかったのですが、顎あたりから聞こえる「ミシミシ」という音と医師の力の入った吐息が今でも印象に残ってます。
なんとか施術は終わり、永久歯は抜けました。(ですから今も私の歯は一本乳歯が残っています。)
後から聞いた話ですが、私が通っていた歯医者は、問題のある歯をすぐ抜きたがるので有名だったらしいです。(早く言って欲しかったですね…)

その後は細かい虫歯の治療で歯科に行ってます。

私は就寝中かなり歯ぎしりをするらしく、朝起きると顎がだるくなる時がたまにあるのですが、そんな状態でも私の歯は頑張っていてくれてます。
そのうちマウスピースを作りたいと思っているのですが、今通っている歯医者では作りたくないです。

高齢になっても自分の歯で食事をしたいと思って、いろいろな歯医者に通ったり、歯ブラシだけでなく歯間ブラシを使用したり、会社や仕事で外出した時には液体歯磨き(口をゆすぐタイプのもの)を使用して、なんとか自分の歯を大事にしたいと思ってます。

歯医者に通う理由と歯医者嫌いを克服する為に

歯医者嫌いを克服する為に試したいこと

歯医者に通う理由は色々あると思います。
しかし大半の方は虫歯の治療だと思います。
私も虫歯を治療したくて10カ月歯医者に通いましたが5本ある虫歯のうち1本しか治さず歯医者に通うことをやめてしまいました。
その理由は「どこか痛いところはありますか?」と毎回聞かれるので「ありません」と答えると虫歯の治療ではなく歯を磨いておしまいだからです。
「もう少し様子を見ましょうね」「次はこの虫歯の治療をしましょうね」と言われるのですが次回行ってみると歯を磨くだけなのです。
1回の歯磨き代が770円かかり、虫歯の治療が進まないので歯医者に通うことをやめてしまいました。
私は前歯が差し歯なのですが、差し歯が欠けてしまった時はすぐに治してくれるのですが、虫歯はいつになっても治してくれません。
毎日の歯磨きは欠かさず行っているのですが歯医者に行って歯磨きだけで770円取られてしまうのに嫌気がさしました。
歯の磨き方が悪いのかと思い100円ショップで購入していた歯ブラシを止めて1000円位する歯ブラシに変更して現在毎日歯磨きをしています。
最近差し歯に違和感があり、また差し歯が欠けたり割れたりしたら歯医者に行きたいのですが同じ歯医者に行くか迷っています。
そこの歯医者はほかの歯医者に比べ夜遅くまでやっていて仕事帰りに寄れるので通っていましたが、また歯磨きでお金を取られてしまうのはどうも納得がいきません。
日曜日も診療をしているので仕事帰りに寄れなくても通うことが出来ました。
診療日、診療時間だけを見るとほかの歯医者に比べ良いと言うだけで歯医者を決めてしまっています。

しかし、時間はとても大切なのでどうしてもそこの歯医者に行ってしまうのです。
差し歯は保険対応の安い歯を入れているのですが、インプラント等を調べると金額的に厳しいと思い安い差し歯にしてしまっています。
自分の歯に比べ少々違和感があったり強く噛めないので胃を壊したりします。
差し歯が欠けたり、割れてしまう度に何度も歯医者に通わなければいけないのなら高い差し歯やインプラントにした方が良いのかもしれません。
小さい頃から歯は大事にしなさいと育ったのですが、色々あり前歯が差し歯になり、虫歯も治さず現在に至っています。
食の味の変化も感じられますし、今後年を取るにつれて真剣に歯の事を考えなければいけないと感じています。
金銭に余裕が出来たらと常々思っていますが虫歯が酷くなり全ての歯が駄目になってしまってからでは遅いのは重々承知していますが保険のきかない歯を入れられる余裕が今現在ないのです。
歯と真剣に向き合いながら今後の対応を模索していきます。

親知らずの抜歯とホワイトニング

親知らずとホームホワイトニング

2年ほど前に、親知らずを抜歯しました。

36歳にもなり、放置してたといえば放置していました。
もともと歯は丈夫で、むし歯もほぼありません。

歯医者は嫌いなので、余程のことがない限り皆んな行かないと思います(笑)

自分の親知らずは、横に生えていたのは知っていたのですが、頭痛も時々あり、歯茎も腫れていたので思い切って歯医者へ行きました。

最初は、確認とレントゲンだけで終わり、では来週に抜きましょうとのことで予約だけで終わりました。

いよいよ抜歯当日、麻酔を数回打たれ、感覚がなくなってから抜歯作業へ。。

最初は女性医師が治療してくださっていたのですが、グイッと引っ張ってもなかなか抜けない手強い親知らずに、口を開きっぱなしの私もずっと痛いのと不安で、「まだなの??やはり無理なのか??」
と思っていると、院長さんが呼ばれました。どうやら女性の医師では無理だったらしく、来てくださったようです。

大きい歯なので、途中少し割りながらの抜歯でしたが、
「根っこが大きいみたいだねー」と言われ、なんとハンマーを持ってきて、ガンガンと歯を叩かれました。。

しばらくして、やっと抜け、「あー!やっと抜けました」と言われて、私も良かった。。とホッとしました。
抜けた歯をいただきましたが、かなり大きな親知らずでした(笑)

抜歯直後は麻酔が聞いていたのでそこまで痛みがなかったのですが、数時間後はかなりの痛みが襲ってきました。
ウワサでは、ゼリー飲料しか口に入れれないとか、冷却シートで冷やすと良いとのことだったので、それらはすでに買ってありました。

冷やすと痛みはマシでした。夏に治療して良かったとこの時思いました。
4時間ぐらいすると、薬が切れてまた痛み出すので、さらにロキソニンを飲み、その日はとりあえず寝れました。

次の日も消毒、さらに数日間歯茎の消毒に通い、そして抜糸、だんだんと歯茎が形成されてきて、一か月ほどでほぼ気にならなくなったかなと思います。

毎日のように消毒に通うのは驚きましたが、感染の恐れを考えると安心ではありました。

それなりに日数と治療費もかかりましたが、あとで思うとあの時親知らずを抜歯してもらって良かったなと思いました。

ホームホワイトニングは親知らずを抜くときにしてしまうのもオススメです。

友人も私の治療した体験を聞いてきて、その後に抜歯に行っていました。友人は口腔外科に行かないといけないくらい、ちょっとした手術だったようですが、私のアドバイスも役に立ったようで、抜いてよかったと言っていました。

全身の健康に影響する噛み合わせの大切さ

歯医者で健康状態が悪くなることはある!?

長年通っていたかかりつけの歯科医院で治療を受け、全体的に補綴をしたことから、健康状態が悪くなってしまったことがありました。

食べ物を食べる時にもうまく噛めないので、美味しいと感じられなくなり、次第に食欲がなくなっていきました。

さらには朝起きるときに起き上がれないほど体がだるくなり、ついには仕事中、急に気分が悪くなったりするまでにも悪化していったのです。それ以前にも、歯をかぶせたり、差し歯をした経験がありましたが、その時はしばらく経つと口の中も慣れてきて、不自由さを感じる事はありませんでした。

しかし、補綴をしてからのその症状は、半年以上も続き、仕事にもだんだん行けなくなってきたのです。

あまりの辛さに、職場の先輩が有名だという歯科医院を紹介してくれ、勇気を出して別 行ってみました。

その先生は、大学病院で研究をしながら開業されていて、噛み合わせや義歯を専門分野とされているとのことでした。

私の口の中を見ただけで健康状態を察知してくれ、「全体的に噛み合わせが1?2ミリほど高くなっているから、時間かかっても全部治療しなおしたほうが良いと思います」とのことでした。

これまでせっかく長年かけて、お金もかけて治療が終わったところなのに、これ以上かかるとなると正直どうしようかと思いました。

でも、「噛み合わせを治したら、きっと今よりもずっと体調が改善されるよ」との先生の言葉を信じてみようと思い、全部治療することに決めました。

全部の歯を一から治療するには、およそ1年半以上かかりました。

途中やめたくなることもありましたが、先生の腕が良かったのか、以前かかっていた歯科医院のときよりも治療中の痛みが少なく、治療の相談にも都度乗ってすださっていたので、頑張って通うことができました。

全部の歯の治療が終わり、ふと気づくと、食事をおいしいと感じるようになっていました。

一番驚いたのは、あんなに辛かった体の症状が改善しているではありませんか。

それまでの私は正直言って、虫歯や痛みには敏感でしたが、歯の噛み合わせを意識することはありませんでした。

しかし、治療してからみるみる自分の体が健康になっていることに気づき、噛み合わせの大切さを実感しました。

また、私は姿勢が悪いことから肩こりや首こりの慢性化で悩んでいたのですが、先生が言うには、どうやら姿勢の悪さの原因も、歯の左右の高さが違っていたことに関係していたようです。

噛み合わせを直した途端、姿勢がまっすぐ伸びるようになり、悩まされていた肩や首のコリが軽減されていることにも気づきました。

おかげで今では快適な生活を送っています。

しっかり噛めること、これが全身的な健康状態につながっているんだと知り、さらに自分の歯を大切にしていこうと思っています。

歯の外側のケアだけでなく、体全体食事から歯の内面を大切にすること

小学校、いや中学高校と、いわゆる子供時代を通して、歯医者さんにお世話になることはほとんどなく育つことができました。両親に感謝しています。周りには虫歯に悩む同級生もいましたが、お陰さまで私は口内の健康には自信を持っていました。

ところが、どうでしょう。成人してから今まで、とうとう私も歯医者にお世話になることが増えてきました。自分は大丈夫だろう、という根拠のない自信が余計、悪い方に導いてしまったかもしれません。人並みに歯磨きやオーラルケアはしているつもりでしたが、30代を迎える前後から急に歯に問題を抱えるようになりました。そして、アラフォーを迎えて数年たつ現在までに、虫歯の治療、神経を抜く、抜歯、詰め物、などと一通りの経験をして来ました。

その度に、本当に歯の痛みはかなわないなあと感じます。夜に布団のなかで眠れずにいた夜もありました。どうしてよいかといっても痛み止を飲んでも痛みはおさまらず、だんだん痛みが顎、頭部全体に広がっていくにつれて、大袈裟な表現になりますが、本当に実感としては致命的な痛みとして感じられたものです。どうしようもなく、ただ口を開けて指でさすったりして、気持ちを幾分でも和らげようと努力したのを覚えています。残念ながら、ほぼ効果はなかったようですが。

最近になって、年のせいもあり、病気については健康について、またはそれらとの関連で医療や食品について興味を持つようになりました。そこで、ただ歯磨きばかりが歯の健康に大切なのではない、ということに、改めて気づかされたのです。通りで、かつて実家で生活してきたときにはまるで縁のなかった歯医者にお世話になるようになったのは、食生活を含め、まるで片寄った形で体全体を扱ってきたことの証だ、と今更ながらに気づいたのです。

ホームホワイトニングジェルを買ってきたので白い歯を目指して頑張っているのです。

ですがそれだけですべてが完璧に運ぶという事でもありません。

つまり、歯というのは、とても固い器官です。カルシウムが関係しているというのも自明のことでしょう。しかし、適切な栄養を摂取していないと、なんとかわいそうな私たちの体は、自らを溶かしてまでも体に栄養を補おうとするのです。つまり、歯を自ら溶かしていくのです。なるほど、これは思いあたらる節があります。独り暮らしも長くなり、料理も面倒、適当に外食や買ったもので済ませる、ということをもう何年続けていたでしょうか。これでは、必要な栄養素が得られる訳はありません。

決意と共に、そして、もう歯の痛みとはお別れしたい、という一心で、オーラルケアはもちろん、しかし、新しく食事の栄養に気を使うようになりました。
そして、1年間がたとうとしています。
お陰さまで、その間、歯科のお世話にはクリーニング以外にはほぼなっていません。全体のコンディションもまずまずいい、と歯科医に言われうれしかったです。
いつまでも自分の歯で食べたいものです。そのためにも、何を食べるか、にさらに気を配っていきたい所存でおります。

歯が欠けたので新しい歯にしてホームホワイトニングを開始した

何気なくチューイングキャンディを食べていたら、歯に被せてあった銀歯が取れてしまいました。修復の為に、歯医者を予約して診察を受けました。
幸いにも取れてしまった銀歯は、そのまま接着が可能な状態だったので、そのまま接着してもらう事になりました。そして、他の歯に虫歯などがないか検査をしてもらっていると、「あれ、奥歯の3本、歯が欠けているね」と言われました。私自身、歯が欠けている事など気づいてなかったので驚きました。

先生が歯の欠けている部分にエアーを当てて「これ、染みる?」と聞いてきました。エアーがかかっている感覚はあるものの、染みたりはしなかったので「いえ、染みません」と答えると「それは良かった。虫歯になってはいないね。でも、エナメル質が欠けてしまっているから、虫歯になりやすくなってるよ。早めに治療した方がいいね」と言われました。その日の内に治療をしたかったのですが、後の予約が埋まっているとの事で、後日改めて補修の治療をしてもらう事になりました。

もともとホームホワイトニングジェルを使って白い歯は作っていたのですが、かけてしまうと台無しになってしまいます。

治療をしてもらったのは、奥歯の3本です。全て補修治療で、費用が4500円程かかりました。
虫歯になる前で良かったのですが、先生は「歯ぎしりとかする?何か奥歯をかみしめる癖があるとか?」と聞いてきました。歯ぎしりについて、結婚した当初は主人に何度か言われた事がありましたが、最近は全然言われていなかったので、歯ぎしりが治ったものだと思っていました。奥歯をかみしめる癖はありません。スポーツなどで力を込める事もないので、かみしめの力で欠ける事はなさそうです。どちらかと言うと、口が半開きの事が多いくらいです。
先生は、「多分歯ぎしりのせいで歯が欠けてしまったんだね」と言いました。「今回は歯の補修で形状を直しておくけど、歯ぎしりが治らない事には、また歯が欠けてしまうよ。」と言われました。歯ぎしりは、自分だけでなく周囲の人にも睡眠妨害などの悪影響を与えてしまうので、早めに治した方がいいとも言われました。

ホームホワイトニングジェルを使ってまた歯をキレイにすると同時に歯ぎしりを治す為には、歯ぎしりの原因をしっかりと確認する必要があります。歯ぎしりの原因には、ストレス、噛みあわせの悪さ、喫煙、飲酒、逆流性食道炎があります。歯医者さんは、噛みあわせの悪さと、ストレスを指摘しました。どちらも、2~3日で治す事ができる物ではないため、歯ぎしりを止める応急処置として、マウスピースを着用する事にしました。これはあくまでも応急処置なので、歯ぎしりの原因となっている物をしっかりと根本的に治す必要があます。