歯の外側のケアだけでなく、体全体食事から歯の内面を大切にすること

小学校、いや中学高校と、いわゆる子供時代を通して、歯医者さんにお世話になることはほとんどなく育つことができました。両親に感謝しています。周りには虫歯に悩む同級生もいましたが、お陰さまで私は口内の健康には自信を持っていました。

ところが、どうでしょう。成人してから今まで、とうとう私も歯医者にお世話になることが増えてきました。自分は大丈夫だろう、という根拠のない自信が余計、悪い方に導いてしまったかもしれません。人並みに歯磨きやオーラルケアはしているつもりでしたが、30代を迎える前後から急に歯に問題を抱えるようになりました。そして、アラフォーを迎えて数年たつ現在までに、虫歯の治療、神経を抜く、抜歯、詰め物、などと一通りの経験をして来ました。

その度に、本当に歯の痛みはかなわないなあと感じます。夜に布団のなかで眠れずにいた夜もありました。どうしてよいかといっても痛み止を飲んでも痛みはおさまらず、だんだん痛みが顎、頭部全体に広がっていくにつれて、大袈裟な表現になりますが、本当に実感としては致命的な痛みとして感じられたものです。どうしようもなく、ただ口を開けて指でさすったりして、気持ちを幾分でも和らげようと努力したのを覚えています。残念ながら、ほぼ効果はなかったようですが。

最近になって、年のせいもあり、病気については健康について、またはそれらとの関連で医療や食品について興味を持つようになりました。そこで、ただ歯磨きばかりが歯の健康に大切なのではない、ということに、改めて気づかされたのです。通りで、かつて実家で生活してきたときにはまるで縁のなかった歯医者にお世話になるようになったのは、食生活を含め、まるで片寄った形で体全体を扱ってきたことの証だ、と今更ながらに気づいたのです。

ホームホワイトニングジェルを買ってきたので白い歯を目指して頑張っているのです。

ですがそれだけですべてが完璧に運ぶという事でもありません。

つまり、歯というのは、とても固い器官です。カルシウムが関係しているというのも自明のことでしょう。しかし、適切な栄養を摂取していないと、なんとかわいそうな私たちの体は、自らを溶かしてまでも体に栄養を補おうとするのです。つまり、歯を自ら溶かしていくのです。なるほど、これは思いあたらる節があります。独り暮らしも長くなり、料理も面倒、適当に外食や買ったもので済ませる、ということをもう何年続けていたでしょうか。これでは、必要な栄養素が得られる訳はありません。

決意と共に、そして、もう歯の痛みとはお別れしたい、という一心で、オーラルケアはもちろん、しかし、新しく食事の栄養に気を使うようになりました。
そして、1年間がたとうとしています。
お陰さまで、その間、歯科のお世話にはクリーニング以外にはほぼなっていません。全体のコンディションもまずまずいい、と歯科医に言われうれしかったです。
いつまでも自分の歯で食べたいものです。そのためにも、何を食べるか、にさらに気を配っていきたい所存でおります。

歯が欠けたので新しい歯にしてホームホワイトニングを開始した

何気なくチューイングキャンディを食べていたら、歯に被せてあった銀歯が取れてしまいました。修復の為に、歯医者を予約して診察を受けました。
幸いにも取れてしまった銀歯は、そのまま接着が可能な状態だったので、そのまま接着してもらう事になりました。そして、他の歯に虫歯などがないか検査をしてもらっていると、「あれ、奥歯の3本、歯が欠けているね」と言われました。私自身、歯が欠けている事など気づいてなかったので驚きました。

先生が歯の欠けている部分にエアーを当てて「これ、染みる?」と聞いてきました。エアーがかかっている感覚はあるものの、染みたりはしなかったので「いえ、染みません」と答えると「それは良かった。虫歯になってはいないね。でも、エナメル質が欠けてしまっているから、虫歯になりやすくなってるよ。早めに治療した方がいいね」と言われました。その日の内に治療をしたかったのですが、後の予約が埋まっているとの事で、後日改めて補修の治療をしてもらう事になりました。

もともとホームホワイトニングジェルを使って白い歯は作っていたのですが、かけてしまうと台無しになってしまいます。

治療をしてもらったのは、奥歯の3本です。全て補修治療で、費用が4500円程かかりました。
虫歯になる前で良かったのですが、先生は「歯ぎしりとかする?何か奥歯をかみしめる癖があるとか?」と聞いてきました。歯ぎしりについて、結婚した当初は主人に何度か言われた事がありましたが、最近は全然言われていなかったので、歯ぎしりが治ったものだと思っていました。奥歯をかみしめる癖はありません。スポーツなどで力を込める事もないので、かみしめの力で欠ける事はなさそうです。どちらかと言うと、口が半開きの事が多いくらいです。
先生は、「多分歯ぎしりのせいで歯が欠けてしまったんだね」と言いました。「今回は歯の補修で形状を直しておくけど、歯ぎしりが治らない事には、また歯が欠けてしまうよ。」と言われました。歯ぎしりは、自分だけでなく周囲の人にも睡眠妨害などの悪影響を与えてしまうので、早めに治した方がいいとも言われました。

ホームホワイトニングジェルを使ってまた歯をキレイにすると同時に歯ぎしりを治す為には、歯ぎしりの原因をしっかりと確認する必要があります。歯ぎしりの原因には、ストレス、噛みあわせの悪さ、喫煙、飲酒、逆流性食道炎があります。歯医者さんは、噛みあわせの悪さと、ストレスを指摘しました。どちらも、2~3日で治す事ができる物ではないため、歯ぎしりを止める応急処置として、マウスピースを着用する事にしました。これはあくまでも応急処置なので、歯ぎしりの原因となっている物をしっかりと根本的に治す必要があます。

自由診療が効かないホワイトニングジェルやレーザー治療

のどもと過ぎれば熱さ忘れる。この言葉は歯の治療にもとてもあてはまると思います。
子供の頃、親から永久歯の大切さをあれだけ言われておきながら、
子供にはその大切さも身に染みてはよく理解できず、永久歯に早速虫歯を作りました。
当時の技術でプラスチックで埋めたものの、やはり、虫歯は一度削ると再発するんですよね。
ただ、歯医者がこわい、という認識は頭に刷り込まれているので、
定期的に歯医者に通うことはせず、頭では分かっていながら、忙しい社会人生活を送っていました。
お昼休みに毎日、鏡を見ながら歯磨きをしていると、以前治療した部分の端が黒くなっているのを発見しました。。
奥歯だったのもあり、さすがに黒いのはまずいであろう、ということで、
自由診療になるけれど、削ることをあまりしない、海外で技術を学ばれた先生のところにかかってみました。
そうすると案の定、昔のプラスチックが欠け、そこから食べかす等が入り込み、中で虫歯になっているという状態でした。
しかも、同じような状況の奥歯が他に4本もあり、全て昔のプラスチックや金属を取り除き、
セラミックに替えるという治療が必要になっていました。

ホームホワイトニングジェルで歯を白くする事に集中したかったのですが、歯医者はいかんせん高すぎました。
レーザー治療もセラミックも今は自由診療で保険が効きません。
その頃、結婚式前の貯金ラストスパートがかかっていて、とても苦しい状態だったの上に
歯の治療費は何十万も乗ってくるという悪夢でした。
ただ、飛行機に乗ったり、気圧の変化があると治療中で仮づめの状態だと痛むことがあるとインターネットで知り、
海外挙式の予定だったので、せっかくの海外で歯が痛くて楽しめなければ後悔すると思い、
結婚式までに全てを終わらせることを目標に終わらせました。
幸い、状況の割には、治療はあまり痛くなくて済みましたが、あの時の私には本当に髙い出費でした。
それからは定期的に健診に行くように努め、同じく歯医者が大嫌いな主人にも予約を取らせることに成功しました。
治療の時の痛さ、あの時歯を大事にしなかったことへの後悔、それを忘れると、のどもと過ぎれば熱さ忘れる、また虫歯を作ってしまいます。
歯は一生もの。8020運動と最近は言われているように、80になるまでなんとか私も20本残したいです。
幸い神経を抜かずに済んだので、これからメンテナンスを頑張っていきたいと思います。
私は今妊娠中で、初めて知ったのですが、妊娠中はあまり歯の治療もできないようです。
そう考えると治療の時間も限られてくるので、これからも必ず定期的に健診に行くようにしたいです。